cfdとは

CFD…Contract for Difference(差金決済取引) オセアニアやヨーロッパ地域で人気の高い投資方法の一つです。

人気の投資方法『FX』とよく似た取引形態

CFDは以前から日本でも人気の高い「FX(外国為替証拠金取引)」とよく似ています。「証拠金取引」を用いて、資金の数倍~数十倍の投資額で取引する資産運用をの方法が特にあてはまるでしょう。CFDは元々「エクイティスワップ」と呼ばれていました。
FXと同様に「レバレッジ」を利用する事が、資産を大きく増やすポイントとなります。FXと違うのはその投資対象です。

FX(外国為替証拠金取引)とCFD(差金決済取引)

世界70カ国以上の国々で行われている取引

「CFD」を聞きなれない方々も多いと思いますが、既に世界ではアメリカ・フランス・ドイツ・イギリスなどの先進国をはじめとして、世界70カ国以上の国々でCFD取引は盛んに行われています。様々な金融商品が投資対象となる事、そしてそれを一括管理・運営する事が可能な事など、CFDでは今までの運用資産とはまた違った「新しい投資方法」の一つとして注目を浴びているのが現状です。もちろん、FXが人気となっている日本でも今後CFD取引の市場拡大は十分に予想されます。
債権・株式・有価証券・先物と、世界中の市場を視野に入れた幅広い資産運用を実現させるとともに、利益を生むチャンスも広がる投資方法がCFD取引なのです。

コンテンツ

このページの先頭へ戻る